木組みの美|岡部材木店が考える日本の木の家づくりについて。

メインビジュアル
HOME > 家づくり > 木組の美
木組の美
古い民家を見ていると、柱の根元の腐った部分をすげ替えている様子が見られます。木と木を組み、骨組みが見える木造の家は、こまめに手入れをしながら長く住み続けたり、建て替えの時に古い材を活かすことが可能なのです。いま、木造住宅の多くは壁で骨組みが隠されています。それが一概に悪い構法とは言えませんが、改築などの際に壁の中が腐っていたという話をよく聞きます。また、良心的でない施工者が、見えないところを手抜き工事したという問題も多いようです。木造住宅の基本である、木と木をしっかり組んだ構法は、しなやかさと強さを合わせ持っています。また、土壁の強さも研究機関などから実証されようとしています。こうした伝統的な構法が、大地震が来てもびくともしないのは、きちんとした施工が大切であることは言うまでもありません。 木組みの美画像