掲載誌|これまで出版された冊子の一覧です。木造住宅に関する事なら岡部材木店に何でもご相談ください。

メインビジュアル
HOME > 書籍 > 掲載誌
掲載誌
『日登美のHOMELIFE ~子供にやさしい住まい・雑貨・食事』 /日登美 編著
「新築」間もない初春、一冊の本が出版された。建主は現役ファッションモデル「日登美」として輝いている。華やかな環境ばかりを想像してしまうが彼女の実像は大きく違った。地味・謙虚というか、時空を戻したかのような「自然体」をうかがわせ、表現しがたい安堵感をあたえてくれる。それが彼女の選択した「木の家」であり、「設計者・棟梁」であったと思う。各々の年齢が30代というのも嬉しく、何故か幸せな気分になってくる。
地鎮祭・上棟式から竣工式に至るまでの間、日々の「お茶出し」作業に豊富な会話が交わされた。即ち、どれほどの気持ちが伝わったかと言うことでもあった。
この1冊は「日登美」としての人格とそれに参加した関係者とのドラマが見てとれるやさしくも厳しい仕上がりになっている。
カート
『三代もつ木の家を直営でつくる』 /平山 知子・岡部 知子・高橋 昌巳 編著
職人とつくる、ほんとうの木の家。
建築家・高橋昌巳さんが実践している、建主が家づくりの専門職それぞれに直接仕事を依頼し、仕事に応じて支払いをする「建主直営方式」による家づくりを紹介。インタビューも収録。
(「MARC」データベースより)
カート
『木ごころ通わせ家づくり チームでつくる技ありの家』 /岡部 知子 編著
本書は、他人まかせの家づくりではなく、100~300年もつ木の家づくりに積極的に参加することで、人と人とのふれあい、ひいては本当に愛せる木造の家づくりができると提唱している。
第1章では、実際に建築依頼があった6人の施主の実例を掲載。
第2章では、設計士であり大工の高橋氏が木造住宅の良さについて語っている。
第3章では、「家作りの中間たち」と題して建築家、木材店などが考える家づくりについて紹介している。
(ブックレビュー社)
(Copyright.2000 ブックレビュー社.All rights reserved.)
カート
私たちの家づくりへの試みが紹介されています。
『住宅建築 1998.6号』
[特集]飯能発”木の住まい”のネットワーク
7号 特集=地域と建築家 特集=生きている建材-大谷石 特別記事=アジアの巨大木造教会
8号 特集=森と家 特別記事=住宅作家コルビュジェ
9号 特集=街角の洋館意匠 地域と建築家=佐賀・有田 特別記事=山田脩二 淡路島・風土萬感
私たちが携わった住宅「樹の家」が紹介されています。
『室内 3』 /THE MAGAZINE OF INTERIOR DESIGN
2号連続特集
また「木の家」堂々たる無垢の木5軒・・・(ミス?)
/話題の「自然材料」を使ってみる
『やってみよう!母と子でできる 住宅レシピDIY創刊号』
チャレンジコーナー 壁に無垢材を張ってみよう!
DIYでできる板張りの壁を紹介